次世代住宅ポイント制度のお得な情報とJTBオススメの交換商品をご紹介します

商品ランキングも随時更新中。制度の詳細はコチラから。

次世代住宅ポイント交換商品ポータルサイト

次世代受託ポイント制度のお得な情報と、JTBオススメの交換商品をご紹介します。

Vol.27

マンションや中古住宅は?次世代住宅ポイントの対象と上限 マンションや中古住宅は?次世代住宅ポイントの対象と上限

2019.6.10

マンションや中古住宅は?次世代住宅ポイントの対象と上限

次世代住宅ポイントは特定の性能設備をもった新築やリフォームでポイントがもらえる制度です。では、マンションや中古住宅の購入は対象になるのでしょうか? 今回は気になるマンションと中古住宅を中心に、次世代住宅ポイントの上限や特例をまとめてみました!

マンションは次世代住宅ポイント対象?

次世代住宅ポイントの発行要件に該当する場合は、マンションも対象になります。 要件は戸建ての場合と同じです。新築、リフォームそれぞれについて過去の記事でまとめているので、気になる方はこちらをチェックしてみてください。

中古住宅は次世代住宅ポイント対象?

中古住宅の購入自体はポイント対象ではありません。ただし、中古住宅を購入して対象のリフォームをする場合はリフォームのポイントがもらえます。上限はリフォームと同様なので30万ポイントです。戸建ておよびマンションについて、ポイントの上限を表にまとめてみました。

ポイントの上限表
戸建・マンション対象上限
新築購入 35万ポイント
中古購入 ×
中古購入+リフォーム 30万ポイント
リフォーム 30万ポイント

基本的な上限は「新築購入」で35万ポイント、「リフォーム」で30万ポイントですが、「リフォーム」と「中古購入+リフォーム」においては、ある条件に合致するとポイントの上限が引き上げられます。
その条件というのが以下の通りです。

ポイントの上限が上がる3つの条件

条件 1

「若者・子育て世帯」で「リフォームを行う」
上限45万ポイント

条件 2

「若者・子育て世帯」で「既存住宅を購入しリフォームを行う」
上限60万ポイント

条件 3

「若者・子育て世帯以外の世帯」で「安心R住宅を購入しリフォームを行う」
上限45万ポイント

条件1は自ら居住する住宅でリフォームをする場合が対象です。また、2および3は自ら居住することを目的に購入した住宅で、売買契約締結後3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合のみ対象となります。

「若者・子育て世帯」とは…?

若者世帯というのは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で40歳未満の世帯のことです。また、子育て世帯というのは、2018年12月21日(閣議決定日)時点で18歳未満の子を有する世帯、または、申請時点で18歳未満の子を有する世帯のことです。ちなみに、18歳未満の子と同居していることが条件のため、別居している場合は対象外となります。

 

若者・子育て世帯の特例についてはこちらの記事でもご紹介しています。

 

「若者・子育て世帯」の特例

『若者・子育て世帯に朗報!対象世帯は次世代住宅ポイント上限引き上げ』

https://eco-po.com/blog/100

まとめ

ポイントの対象や上限については確認できましたでしょうか。事務局でのポイント発行申請は2019年6月3日から受付け開始予定となっています。申請もれのないように、各ご家庭でのポイント上限を今一度確認しておきましょう。

カテゴリ: 新築 リフォーム

カテゴリーから探す

人気記事ランキング