Vol.10

増税後の住宅購入!<br>絶対見逃せない4つの支援策とは 増税後の住宅購入!<br>絶対見逃せない4つの支援策とは

2019.3.14

増税後の住宅購入!
絶対見逃せない4つの支援策とは

消費税が10%に上がるということで、マイホームをどうしようか悩んでいる方も多いかもしれません。
駆け込みで購入したかったのにタイミングが間に合わない…
という方こそ必見!少しでもお得に住宅取得するための支援策をご紹介します。
今回、国から4つの支援策が発表されました。

 

1.住宅ローン減税の控除期間が3年延長
2.すまい給付金が最大50万円になり対象者も拡充される
3.次世代住宅ポイント制度の創設
4.贈与税非課税枠の大幅な拡大

 

これらは消費税率引き上げ後の住宅取得の際にメリットとなるもので、併用も可能となっています。 それぞれの制度をひとつずつ見ていきましょう!

1.住宅ローン減税の控除期間が3年延長

住宅ローン減税とは、住宅ローンを組んで住宅を購入した場合に支払った所得税・住民税の一部が控除される制度です。控除期間は10年間でしたが、その期間が13年に延長されます。 適用年の11~13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額となります。

※長期優良住宅や低炭素住宅の場合:
借入金年末残高の上限:5,000万円、建物購入価格の上限:5,000万円

対象者:消費税率10%の新築・中古住宅の取得、リフォームで、2020年12月末までに入居した方

2.すまい給付金が最大50万円になり対象者も拡充される

すまい給付金とは、住宅ローン減税を補完するための制度です。
現行の最大給付額30万円が、最大50万円まで拡充されます。
また、対象者の幅も広げられ、現行の対象者は収入510万円以下であったのに対して、775万円以下までが対象となります。

対象者:消費税率10%の新築・中古住宅の取得で、2021年12月末までに引渡しを受け、入居した方

3.次世代住宅ポイント制度の創設

次世代住宅ポイントとは、環境に配慮した住宅、高齢者対応した住宅、子育て支援や働き方改革、などに繋がる新築やリフォームを対象としてポイントが発行され、商品と交換できるという制度です。 新築で最大35万ポイント、リフォームで最大30万ポイント付与されます。※リフォームに関して上限特例あり

対象者:消費税率10%の新築やリフォームで、2020年3月末までに契約等をした方

4.贈与税非課税枠の大幅な拡大

父母や祖父母から住宅取得用の資金を贈与され、住宅を取得した場合に適用される制度です。
住宅取得資金等贈与の非課税枠が良質な住宅用家屋であれば、1200万円から3000万円に拡大、それ以外の住宅用家屋で700万円から2500万円に拡大されます。

対象者:消費税率10%の新築・中古住宅の取得、リフォームで、2019年4月から2020年3月末までに契約した方

 

各制度について、対象者が異なっているところには注意が必要です。それぞれに対象となる期間や条件があるので、購入予定の方は自分がどの制度を利用できるのか、あらかじめ条件を確認しておきましょう。

カテゴリ: その他

CATEGORY

ARCHIVES

交換商品ランキング

  • ポイントをお礼の品・旅行クーポンに交換できる!-ふるさと納税サイト [ふるぽ]